血糖値というのは

血糖値というのは、血液内のグルコースの濃さです。健常な方の場合、お腹が空いている時血糖値はおおむね80-100 mg/dL程度で、食後は少し高い値を示します。人の血糖値は、血糖値を下げるインスリン、血糖値をあげるグルカゴン、アドレナリン、コルチゾール、成長ホルモンといったホルモンにより、極めて小さい範囲の正常値に継続されています。身体内におけるグルコースはエネルギー源として大切である一方、高い濃度のグルコースは糖化反応を生じさせ微小血管にトラブルを与え生体に有害ですから、インスリンなどによりその濃度(血糖)が常に一定範囲にキープされています。

血糖調節メカニズム。血糖値は、普段の状態では血糖を下げるインスリンと血糖を上げるグルカゴンの作用によってキープされています。食事後血糖値が上昇すると、グルコースはGLUT2トランスポーターまたはGLUT1トランスポーターを通って膵臓のランゲルハンス島β細胞に流入します。グルコキナーゼの作用によりグルコースがグルコース-6-リン酸になると、細胞内にカルシウムイオンの流入が起こりインスリンが放出される。インスリンの血糖降下作用は3つの経路による。インスリンは肝臓でのグリコーゲン合成を促進し、糖新生とグリコーゲン分解の双方を抑制します。インスリンは骨格筋と脂肪組織でのグルコース取り込みを促進します。脂肪細胞では取り込んだグルコースを中性脂肪に変換します。インスリンは膵α細胞に入って直接グルカゴンの産生を抑制します。

低血糖。極限まで食事を摂らなかったり、糖尿病の薬を飲みすぎたり、特殊な病気の見られると低血糖症を発生し易い。そういった環境下で強い運動を実施した場合は、低血糖症がより起こりやすくなります。身体には低血糖に対し数段階の逃避システムが組み込まれている。 血糖値が約80 mg/dLを下回ると、血糖値を下げるホルモンであるインスリンの分泌がとてつもなく衰える。約65-70 mg/dLに下降すると、血糖値を引き上げるホルモンであるグルカゴン、アドレナリンがたっぷりと放出され出す。約60-65 mg/dLに下降すると、3番目の血糖値を上げるホルモン、成長ホルモンが放出される。結果60 mg/dL以下になると、最終的な血糖値をアップするホルモン、コルチゾールの分泌が亢進する。血糖値が50 mg/dLを下回ると、大脳のエネルギー代謝が保てなくなり、精神症状をおこし始め、オマケに意識消失が発症し、危険な場合は死に到る。前述のような回避システムが血糖値50 mg/dLにまで下降するのを防衛しているため、普通なら意識に変調をきたすには到達していない。ところがアドレナリンが多量放出されることに伴い、交感神経刺激症状が現れます。大量の冷や汗、動悸、振戦、譫妄などがあります。アドレナリン、ノルアドレナリンによる諸症状として、精神症状は、にらんでいるような面持ちが現れて、乱暴をしたり、奇声をあげたりしかねない。身体的症状は心拍数や拍出量の増加、血糖と脂質の上昇、代謝の亢進、手足の冷え、呼吸が浅い、眼の奥が痛む、動悸、頻脈、狭心痛、手足の筋肉の痙攣、失神発作、月経前緊張症、手指の震えなどがある。低血糖症の症状のなかでも、細胞のエネルギー不足で起こる症状は、思いも寄らない疲労感、日中でも眠気をもよおす、注意力欠如、めまい、ふらつき、健忘症、光過敏症、甘いもの欲求などが指摘できる。それらの低血糖回避メカニズムは、脳が低血糖状態を検出し、血糖を上げるホルモンを動員するよう命令を出すことで始動します。糖尿病治療中やインスリノーマなどの疾患で低血糖症を度重なると、やたらに頻繁に低血糖状態を脳が検出するために、それなりの低血糖症では回避システムが停滞してしまう。正確に言いますと、脳内の低血糖を感じ取る領域では細胞外のグルコースをそのまま体内に取り込むことにより血中グルコース濃度をGLUT1トランスポーターがモニターしており、低血糖を頻繁に起こすとこのGLUT1トランスポーターの転写が低下し調整不足をおこす。50 mg/dLをきっても発動しないようになったら、低血糖発作をおこさない状態で精神症状がはじまる。10-20 mg/dLをきっても発動しなくなりますと、低血糖発作をおこさ無いまま意識がなくなり絶命することすらあります。管理が規則正しく実施されていない糖尿病患者等の場合は、やたらに高血糖状態が続くため、100 mg/dL前後のような普通は低血糖とは見なされないような濃度でも低血糖発作をおこしてしまう。これは脳のGLUT1トランスポーターが調整常軌を逸しているためである。治療においては原則として血糖値が70 mg/dL以下のときは40 kcalほど摂り入れることが常識とされている。経口摂取が可能な場合はブドウ糖10 gやグルコレスキューを1袋、インタクト5個といった糖分補給を行う。もちろん糖分を含む飲料水を使用しても同様である。意識障害があったり30 mg/dL以下の低血糖や経口摂取が不可能な場合は点滴で即急に治療する。5 %ブドウ糖液50 mLに50 %ブドウ糖液20mLを混注して点滴投与する方法がおなじみです。なお、飢餓などの場合により徐々にグルコース源が枯渇し低血糖となった場合、脂肪酸のβ酸化によるアセチルCoAから肝臓で生成されたケトン体が脳関門を通過することができ、脳関門通過後に再度アセチルCoAに戻されて脳細胞のミトコンドリアのTCAサイクルでエネルギーとして取り入れられる。

高血糖。血糖上昇に向けた防御機構を、動物は大部分は備えておりません。例えば人の場合、健康な人は糖質1 g で 1 mg/dL の血糖値上昇が生じ2型糖尿病患者では糖質1 g で 3 mg/dL 上昇します。一例として、糖でいっぱいの清涼飲料水を連日思い切り飲んだりアイスクリームの大量摂食で容易に糖尿病性ケトアシドーシスといった重篤な変調を起こし得ることが知られていて、これはペットボトル症候群と呼ばれ、重症になると2型糖尿病に見舞われます。血糖値が上昇したとき、それを調節するホルモンはインスリンだけである。このたった1つの調節メカニズムが破綻していたら、糖尿病が引き起こされることになります。低血糖における四重の回避メカニズムと言いますのは対照的です。破綻の仕方には大別して2種類ある。インスリンの分泌が下降した場合インスリンは生じているものの、それによる血糖降下作用が立ちゆかなくなった場合

尿糖。 血糖値がおよそ180 mg/dLを越えると、腎臓の尿細管でグルコースの再吸収が追いつかなくなり尿に排出されるようになる。つまり尿糖は糖尿病の原因ではなく結果である。例として、スクロース(ショ糖)180 g程度以上を一度に摂取すると健常人であっても一過性の糖尿を生ずる。これは食品成分表のコーラ・缶コーヒー等に示される量を基にすると2.5リットル前後(約1100 kcal)に相当します。

タイトルとURLをコピーしました