オムロン手首式血圧計HEM-6324T

オムロン手首式血圧計HEM-6324Tサプリメント

オムロン手首式血圧計HEM-6324T

幅×高さ×奥行(mm):89×61×25(手首カフ含まず)重量(g):約100(電池含まず)測定方法:オシロメトリック法測定範囲(圧力):0~299mmHg測定範囲(脈拍):40~180拍/分適用手首周:13.5~21.5cm手首カフ:薄型カフメモリ:2人×100回機能▼:平均値表示(最大3回)▼体動表示▼サイレント測定▼時計機能▼血圧値レベル表示▼Blutooth通信▼自動測定▼自動電源オフ表示件数を増やす

商品紹介測定結果が見やすい、バックライト付液晶画面です。正しく測定できる手首の位置をランプでお知らせする「測定姿勢ガイド」機能付きです。測定のたびに、カフが手首に適切な強さで正しく巻けているかをチェックし、画面でお知らせします。巻きやすい薄型カフを採用してます。周囲の状況を気にすることなく測定できる「サイレント測定」です。【スマートフォンアプリ「OMRONconnect」対応】:測定結果をスマートフォンにBluetoothで転送できるため、さらに簡単に測定データを管理できます。ご注意(免責)>必ずお読みください※※事業者向け商品です※※

オムロン手首式血圧計HEM-6324T口コミ評価

高血圧治療のために購入。操作が手軽な手首式を購入しました。正しく測るためには手首の位置が心臓と同じ高さに合わせることが必要ですが、LEDの表示で適正範囲がわかるので測定は難しくありません。OMRONCONNECTでのデータ転送も問題なくできました。問題は上腕式に比べてデータが10-30高く出ることで、最高血圧が上腕式で130だった時に150-160くらいになります。しかも同時間帯の測定でも測定値がばらつきます。これでは毎日の血圧測定には使えません。追加購入した上腕式のHEM-7282Tでも一緒に測定したのですが、こちらは測定値のばらつきはそれほど大きくありません。医療用の上腕式とほぼ同じになります。OMRONのコールセンターにきいたところ「故障ではない可能性が高い、血管の太さなどで個人差があるが、測定部位の違いで20程度のばらつきがある、一般論だが上腕式の方が医師が使っているので、精度が高い傾向にある。手首式を使う場合はしばらくデータを取って、値を補正してから使ってください」とのことで、私の使用目的には合いませんでした。

ここが優れている測定姿勢のチェックが有って、エラー表示するので無駄に電池を消費しません。手首測定なので、寒い冬の朝にも腕をめくり上げる必要も有りません。ケースが付属するので、収納の手間が有りません。iPhoneXsMaxで、データ転送が簡単で都度にメモする必要も無く、日々のグラフ表示が可能です。電池の入替で、毎回日付けの再設定が必要ですが、データ転送ボタン1発で、iPhoneの正確な日付けが転送されます。充電式電池Panasonicのエネループも何とか使用可能です。以前購入した旧型はブーと唸っていたが、動作音が全くしない。テレビを見ながら測定しても、誤動作がほとんど有りません。ここがチョット残念平均を取るために、三回連続測定すると、段々と測定血圧が上昇してしまい、都度に手首のカフをゆるめる必要がある。ケースが付属するのは良いが、ストラップホールを付けて欲しい。電池交換の際、時計がリセットされてしまう。エネループ等の充電式の電池使用はなんとか出来るが、約20回程度と短い。とんでも無く高い数値が時々出るので、正確なのかがあまり信用が出来ない。

弁膜症、大動脈瘤などで心臓人工弁やパイパス等の手術もあり、血圧測定は欠かせないのですが、特に冬場は寒くて袖をめくるだけで血圧上昇したり、面倒だったりで、半年ほど前にHEM-6324Tに変えてからは、面倒(苦痛)だった血圧測定がとても楽になり、毎日、欠かさず測定できてます!もともと正常値からは、はみ出しているのですが、それもほぼ正確に測定できており、通院のたびに測定値を提出しておりますが、病院での測定値と大きな差はないようです。…というか、私の場合、夜と朝とでは明らかに違いがありますが、そのことが分かるだけでも貴重なデータとして助かってます。また、様々なスタイルのグラフ表示もあり、傾向も分かり易く重宝しています。更にPCにPDFやCSVでメール送信もできるので、バックアップにもなり、これだけの機能があればお値段は少々高めですが、血圧測定が必要な方にはお勧め機種です。※寝っ転がっての測定はNGかも知れませんが、入院中は寝たままで測定するのが当たり前でもあることからも、日常のどの時間帯や環境(飲み会、お風呂、トイレのあとなど)で、血圧がどう変化するかを観察して知っておくことも大切な気がします。私の場合、ちょっと飲酒しただけで異常に血圧が低下(上が58mmHgとか)することを知り、最近、飲酒を控えており、家庭で体調が悪い時の血圧と脈拍を理解することが大切なことに気付かされてます。【追記】私が通う病院に相談したら、適合機種(撮影した写真から読み取るタイプのアプリ)に限ってメールでの受信をしてくれるようですが、現状では、二度手間となってしまいます。病院側(主治医)のCSVデータ処理知識や手間の問題もあるようで、本機種に備えられたらCSVデータでの受信受付をしてもらえないのは、少し残念です。他社との問題もあり簡単ではないでしょうが、メーカー間と病院側で統一規格化できたら、もっと便利でしょうね。オムロンさんに頑張ってもらいたいところです。

若年性高血圧です。まさか,これほど早く血圧計にお金をかける時が来るとは思っていませんでしたが,先日に一過性脳虚血(TIA)になり,降圧剤の処方を受け血圧の記録を勧められたため,良い機会でしたので購入しました。以前は,上腕式のスマホ連動がないものを使っており手動で入力していましたが,めんどくさくなってやめていたところ血圧の変化に気がつくことができなかったので,すぐスマホに記録してくれるのはとても便利です。アプリ内で医者に提出する用のグラフや一覧もpdf作成できるので,重宝しております。値も,上腕式とはさほど大差なく正確だと感じました。

オムロン手首式血圧計HEM-6324Tはこちら

タイトルとURLをコピーしました