ワンタッチアクロ(穿刺器具)23136

サプリメント

ワンタッチアクロ(穿刺器具)23136

注)ワンタッチアクロランセット専用の穿刺器具になります。操作が簡単・可動部位を色でお知らせ、片手でも操作が可能です。安全設計・一度廃棄したランセットは、使用できない構造です。本体サイズ:W20mm×H105mm

■ワンタッチアクロは、採血するために用いる穿刺器具で、専用の穿刺針(ワンタッチアクロランセット)を装着して使用します。■製造販売:株式会社旭ポリスライダー■ワンタッチアクロ(採血用穿刺器具)■届出番号:33B2X00002000006

ワンタッチアクロ(穿刺器具)23136口コミ評価

こちらの器具が細い針を使えるということで購入しました。うまく皮膚に刺さらない時がワンタッチペンとこのワンタッチアクロどちらもあり、このワンタッチアクロでは針と逆側の出っ張りを引くことでリカバリできることがわかり針を無駄にせずに済んでいます。また、華奢な感じで針のキャップをとるときに少し工夫が必要ですが、針の先端キャップの2か所の出っ張りをそっと持ってくるくる回してからそっと外すとうまくいきました。

衝撃が小さいこと、円筒ではなく平型で扱いやすい点は非常に良いが、新品の針が3個に1個程の割合でセット出来ない。針を見比べても違いは全く無いように見えるが、どうやってもセットできずに結局捨てて違う針を使う羽目に。非常に無駄でコストが掛かる。

専用の針が細いので穿刺の痛みがとても少ないですし、考えられたであろう器具の形状が使いやすい。どこが使いやすいかと言うと、まず本体が平たいので、手にフィットします。これは低血糖時や焦っている時、夜中などで手元が見づらい時にも本体を安定して保持できます。次に穿刺後の針部分を外すには後ろの突起を押すだけ。シャーペンの頭が大きくなったような感じ。これも使いやすい。テルモのと比較すると、一度失敗した針を元に戻す機能はありませんが、テルモのは本体がまるいしゴツゴツしていてどこのボタンをどこを保持して押せばいいのかわかりにくく使いづらいのがマイナス要因として大きいので、こちらを使うのが安心できると思います。

同社のワンタッチペンと比べて針が細くなりパチンッという音が小さくなっている為痛みが非常に少ないです。また本体もコンパクトになり持ち運びにも便利になっています。

ワンタッチアクロ(穿刺器具)23136はこちら

タイトルとURLをコピーしました